2020年のアーカイブ

お待たせしました、 マルチトレーラーのステア版を公開しました。


ついにステアする姿を公開です。
うりゃうりゃとご覧くださいませ。

前回の更新からちと時間が空いてしまいましたが、ステア化の続きでございます。

今回試験的に出力したナイロン素材のステアロッド。
実物の長さがデータより少し長くなっちゃってるようで、組んだらホイールがハの字になってしまいます。むう。
やはりナイロンだと精度がアレなのかいな~。ということでロッドはアクリルにします。

こちらはリンクバー。
前後を合体して一体で動かす予定でしたが、合体部分でくの字になってしまいます。むうぅ。
やはり合体部で幅9mm、高さ3.5mmというサイズ制約は厳しかったようで、しっかりとした連結ができませんでした。
仕方ないのでリンクバーの合体は無しにします。

ぐだぐだ言いながら6軸分のサスが出来上がりました。
個別に動かすとスムーズですが、リンクバーを介した動きはどうなるでしょうか。

タイヤはこちら。
今まであれだけ金属ワッシャー積層のタイヤを自慢しとったのに、今回はConradから発売されているゴム製のタイヤです。
ステアの造りが繊細なので、金属タイヤよりも軽いゴムタイヤを選択した次第です。

タイヤは64本もあるので、このようにサーキット場のジオラマも可能。
うりゃうりゃとデッドヒートです。フォークリフトが先頭なんでめっちゃ低速だぞ。

タイヤはめ込みました。いいですね~。
スペアタイヤも2個造ったので、計26本のタイヤを使用しています。

テールライト類。
半透明のアクリルにクリアスプレーを吹きますと、パーツの透明度が上がります。
左端が吹く前、右のほうが吹いた後です。積層痕がちょうどライトのモールドっぽくなりました。
これにクリアレッドやクリアオレンジを塗ってライトパーツとして仕上げます。

さて、これでようやく全パーツが揃いました。
いざ組み立てを致しましょう。

あけましておめでとうございます。
 
わたくしは本年も大晦日から秘湯にて水中年越しを堪能してまいりました。またしてもピカピカ美肌になったわたくしを、今年もよろしくお願い致します。

さて恒例の初夢のお話ですが、今年は庭に穴を掘ってたらそこからマグマが噴き出し、それを止めるためになぜか大量のバスクリンを投入するという夢でした。私の見る夢の中では極めてオーソドックスで平凡な内容でございました。

 

これだけでは何ですので、今回行った秘湯でのお話でも。
その秘湯にある露天風呂は奥に大きな岩が置いてありまして、その周りはお湯がやたら熱いんで避けてたんですわ。んでその岩の脇に小さな立て札が立ってるんですが、メガネを外してるから何が書いてあるかわからんのですわ。
なんだか立て札が妙に気になって、熱いのを我慢してどうにか近づいて見てみたら、「この周りは熱いので近づかないでください」て書いてありましたわ。
うん、まあいいんですけどね。なんだか損した気分になりましたわ。


Powered by Movable Type